スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅で感じたこと

ヒッチハイクで日本一周を終えて感じたこと

7月1日から10月23日までの4ヶ月弱、計102台ヒッチハイクをして日本一周してきました。
すこぶる健康な状態で無事に帰って来れました。

そもそもなぜヒッチハイクという手段で日本一周しようと思ったのか。

以前に車だったり、電車、自転車などなど、様々な手段で旅してきましたが、
壮大な景色、建物を前に心惹かれるのも旅の楽しさですが、

全く見知らぬ人との出会いの方に僕は心惹かれました。

そして今回ヒッチハイクで日本全国を周り、
あちこちに友達ができ、
もちろんヒッチハイクのみで周ることに不自由したこともありましたが、
このヒッチハイクとう手段を選択したことは間違いではなかったなと思いました。


何されるか分からない(最悪殺されるかもしれない)見ず知らずの人を乗せるだけでもすごいのに、その見ず知らずの僕にご飯をご馳走してくれる等、親切にしてくれるということ。

こういう話をすると「日本もまだ捨てたもんじゃないねー!!」
と言われます。

本当にその通りだと思います。

この旅でたくさんの人に出会いました。乗せてくれた方ももちろん、
・ヒッチハイク中に声援をくれた方
・ヒッチハイク中にお茶お菓子をくれた方
・通りすがりに大量の飴をくれたおばちゃん達
・たまたま入ったラーメン屋でマスターがご馳走してくれたこと
・寝床に困っていたら交番に泊めてくれた警察の方々(迷惑かけたくなかったのでブログでは書けませんでした)
・夜中何もないところで困っていたら助けてくれたお兄さん
・自分の予定を削ってまであちこち観光名所を案内してくれた方々
・たまたま入った定食屋でおごってくれたおじちゃん


って書きだしたらきりがないのでここらへんで。

この旅で乗せてくれた車は102台でしたが、

旅で出会った方は数えきれません。

本当にこの国は優しさで溢れているなと強く思いました。
なぜならこのたった4ヶ月間で親切にされっぱなしだったからです。

海外を旅行したことがないのであまり信ぴょう性はありませんが、
海外でバックパッカーを経験している方のお話聞くと、
簡単に野宿だったり、ヒッチハイクできる国はそうないと。

この国でしかできない旅の手法を選んでたんだなーと。


とにかく、

僕がこの旅で出会った全ての人は優しかったです。

ニュースでは悲しい事件だったり、嫌なことが取り上げられていて、
それも紛れもない事実だとは思いますが、
僕がこのように人に親切にしてもらったのも事実です。

殺人事件だったり、強盗、強姦、残念な事件がニュースで取り上げられると、

どうしても「物騒な世の中になったなー」

と思いがちですが、

何の見返りもなく僕みたいな人に親切にしてくれる人がいます。

正確に物騒な世の中になったのかなってないのか分かりませんが、

もし昔に比べて物騒な世の中になっていたとしても、

親切で優しい人はいます。

そういった人の優しさが、僕のブログを通して読んでくれている人に伝わっていたら嬉しいです。

あるラーメン屋のマスターにこう言われました。
「情けは人の為ならず」
人に情けをかけることは、その人のためになるばかりでなく、やがては巡り巡って自分に返ってくる。人には親切にせよという教えです。

「君は今までたくさんの人に親切にされてきたのであれば、その人達に恩返しの意味もこめてたくさんの人に親切にしなさい。」
深い!
今まで数えきれないくらい親切にされて、
どうやって恩返ししよう迷っていましたが、ようやく決まりました。

ヒッチハイカーがいたら乗せるのは当たり前ですが、

普段暮らしている日常の中で、小さなことからでいいから、人を思いやる行動をしようと。
塵も積もれば山となるではないけど、僕にできる小さな優しさ、人を思いやる心を持って接すれば、旅で出会った全ての人に回りに回って恩返しができるのではと思います。
そしてそういう優しさの循環が自分の周りからでもいいので、できたらなと思います。

そんな小さな優しさは普段暮らしていたら気にも留めないことだと思いますが、
やはり旅で一番感じたのは、困っている時に一声かけてくれるだけで救われる、

そんなことが何度もありました。

またヒッチハイクは自分の力のみでは前へ進めないので、
本当に人の優しさに敏感になることができました。

旅から帰ってきて、普段生活している環境の中に、たくさんの人の優しさで溢れていることに気付かされました。
その中で暮らしていると、やはり人間だんだん慣れていくものなのでしょう。
旅出る前まで全く気にも留めなかったことが、
帰ってからは気付くようになりました。

またいかに自分が無力かを知りました。
「人に優しくされた時、自分の小ささを知りました」という歌詞があるんですが、
本当にその通りだと思いました。
人に優しくされるたび、諦めかけた心に鞭打って自分を奮い立たせていましたが、
その時に声をかけてもらえなかったらどうなってたんだろうと思うと、
なんて自分は弱いんだと思いました。

逆に親切にしてもらったり、頑張れ!のたった一言があると、自分は無敵状態でした。


そういう意味では、車、電車、バイク、自転車と、

様々な旅の手段があると思いますが、

一番「弱い」旅の手段であるヒッチハイクを選んだことによって、

痛感することが多くあり、貴重な体験ができたなと思いました。

また「沖永良部島」での40日間の農作業生活も僕にとってかけがえのない思い出になりました。
詳しくはブログの沖永良部編を見たら分かると思いますが、
何もかも揃って便利な東京での暮らしからしたら、感覚的にはサバイバルに近いなと思いました。
なので、何もかも自分達でする、そういう仕事に対する姿勢に感動しました。
また働かせてくれた皆村家の家族を見て、
本当に家族っていいなと思いました。
これに関しては上手く文章で表現できないのですが、
家族がいることの幸せというものを感じることができました。

旅に出ると何かが変わる、なんていうセリフ皆さん一度は聞いたことがあると思いますが、

この「ヒッチハイクで日本一周」をして、自分にどういう変化が起き、何かを得たのかとうと、正直分かりません。

しかし、旅で気付かされたことはありました。
それが一番の収穫であり、何かに「気付く」ということが旅なのではと思います。

こうして4カ月近くの旅が終わり、
毎日ベッドで寝られる幸せ、
家族がいる幸せ、
3食まともな料理を食べられる幸せ、
友達がいる幸せ、

圧倒的な「安心安全な暮らし」は何にも代えがたいものなのですが、

「今度はどんな旅をしよう」
なんて考えてしまいます。

日本だけでももっと時間をかけてゆっくり旅したい場所は数えきれません。
世界には、、、って思ったら人生残りの全て時間をかけてでも回りきれないんだろうなって思います。

考えるとワクワクして眠れません。

こうした貴重な体験ができたのも、旅で出会った多くの方のおかげでもあり、
家族はじめ、周りの人に支えられてこの旅が完結したんだなと強く実感しています。

本当にありがとうございました。

ブログでは書けなかった珍体験などたくさんあるので、

会う機会があったらその時にお話しします。

今まで不定期に更新していたブログを読んでくださった方々、
最後まで読んでくれてありがとうございました。
毎日書き続けることの難しさと言ったら笑

もしこのブログを読んで、ヒッチハイクで旅してみたい!と思った方がいたら連絡ください。
ヒッチハイクはお金がかからない旅の手段だと思われがちですが、
そうでもないんです。
こんな僕なりのアドバイスもできるので、ぜひ相談してください。



では、


長い長い間、全く更新されないブログを見続けてくれてありがとうございました!

旅でお世話になった方で連絡先が分かる方に、順次お礼のメールをしていきたい思います。

最後に!

日本は素晴らしい国です。

日本人に生まれたことに誇りを持てるようになりました。

海外ももちろん素晴らしいところがたくさんあると思います。

でも日本にもたくさんいいところがあります。

それは世界遺産とか、そういうのではなく、

人の優しさという写真や映像で見ることのできない素晴らしいものが!!


あでぃおす!
スポンサーサイト

お詫び

お久しぶりです。

日本一周を終えて、色々とバタバタしていたため、


この旅をしめる最後のブログの文章がまだ完成していません。

TwitterやFacebookで更新お知らせします。

近日中に更新します。

楽しみにしてくれている方々ごめんなさい。

弾丸旅行~実家

インターネットカフェを昼前に出て、

大濠公園でぬくぬく

そしてお姉さんに都市高速のインター手前まで乗せていただく。


おにぎりご馳走さまでした!!!


んでヒッチハイクしようと思ったが、



オフィス街みたいなところで、なかなかやりづらい


しかも高速入口が、右折して入ってゆくパターン

あきらめて次の高速インター入口まで歩く



またこれが遠いこと

もうここら辺まで来ると歩くことが苦じゃない

最近歩いてる時、

ほんとに「無」になるんです。

疲れも感じることもなければ、

景色に見とれることもなく、


ただただ足が勝手に動いてるって感覚


んで「下関方面」プラカード掲げてヒッチハイクスタート!!


shimo.jpg

なんか場所悪いのかなーって感じ


この日は40分くらい待ちました


下関ナンバーがほとんど通らないので厳しいかなって思ってたら

2台続けて下関ナンバーの車が。。。


この旅一番の笑顔を発揮


10分くらい経って、


そのうちの1台が戻ってきてくれたではないか!!


乗せてくださったのは泉さんです


そして出発しよーと思ったら


もう1台の下関ナンバーの方も戻ってきてくれてた。。。。

ありがとうございます



んで泉さんと下関に向けて出発!


すごい興味深い話ばっかり聞かせてもらいました。


えっとなにから話そ。。。

日本一周してて、

その土地の名前の由来だったり、県の名前の由来だったり、

山の名前の由来だったり、


その名前の由来が非常に面白い。


たとえば、

下関には、火の山公園って山があって、



敵の襲来を知らせる狼煙台があったからだとか。

実際に大砲もあり、

関門海峡を通る敵船を大砲で撃とうとしたんだとか。


もう旅も終盤だけど、

こうやって訪れた土地の名前の由来を調べながら旅してたら、もっと濃いものになってたんじゃないかなと


今更遅いけど

だから帰って、訪れた土地の名前の由来を調べようと思います

名前の由来を知れば歴史も知ることができるしね。



んで途中、IKEAに寄って夜ご飯をご馳走になる

北欧の家具はなんで色鮮やかなものが多いのか


あっちは冬はほとんど晴れず、

憂鬱になるから家の中だけども明るいものを取り入れようってことらしい


そう、こうやって泉さんと一緒にいると何から何まで解説してくれて楽しい楽しい。


そんなこんなで関門大橋を渡り、

下関in


せっかくだからと、火の山公園まで連れてっていただきました

yakei.jpg

火の山公園から見る夜景はこの通りです


素晴らしい

んで火の山公園をくだり、


ここでお別れ。


泉さんありがとうございました!!

dododododod.png


んで

高校時代の友人である加藤くんがチャリで日本一周していて、ここで合流

そうた

んで贅沢にも下関港の夜景の見える場所で野宿

かんぱーい

nojyuku.jpg

次の日朝早く起きるつもりが、

7時に目覚める

テントを出たらランニングしてる人達がちらほら

急いでテントをしまい、


24時間だけレンタカーを借りて、


弾丸旅行に出発

ひたすら下道オンリーを走り、


まずは角島まで

tunoshima.jpg

山口にこんなところがあるんだと感動

続いて出雲大社

izumo.jpg

記念撮影

soutakoke.jpg

彼のこういうとこ、高校時代から変わってません

んで鳥取の境港へ

水木しげるロード

kitaro.jpg

kitaro1.jpg

kitaro3.jpg



朝9時くらいに出発し、

夜中の3時に再び下関へ

コンビニの駐車場で車中泊し、

朝レンタカー返してから

温泉へ

んで、ばいばい

hicchi2.jpg

彼は自転車で九州へ

僕はここから弾丸で東京を目指すべく、まずは広島方面へ

hicchi.jpg

30分くらいで若い女性二人組が乗せてくれる

普通に名前聞くの忘れてた、、、


この先予定あったのに、
ぶっちして周南まで乗せてくれました!!!

ほんとに山口は「昔の日本」って感じの田舎風景が残っており、


感動しました


そして彼女らもこのようなところで生まれ育ち、


東京で育った僕とは遊びが180°違いました

内容は省きますが、

こういうところで生まれ育ったらほんと、のびのび育つんだろーなーと


やはり僕は都会ではなく田舎で子供を育てたいです



ありがとうございました!!!!!!!!!

広島女


この日はインターネットカフェへ

次の日は、すぐ国道がそばにあったのでそこまで歩いて大阪方面ヒッチハイク

10分くらいで一人の男性にのせていただきました

山本さんという方で、


これから母親が入院している病院にお見舞いに行くんだとか

高速であっというまに大阪まで運んでもらいました


山本さんありがとうございました!!!!!


んで観光することなく、そっこー和歌山方面へヒッチハイク


まず開始5分で一台ゲット

同い年の大学生3人組に乗せてもらう

京都の学生で、大阪に遊びに来ていて、

レンタカーでぷらぷらドライブ中だとのこと


んで


勢いで名古屋まで運んでくれました笑


途中三重も通り、


これで
この旅で47都道府県制覇

名古屋に夜8時くらいに到着し、

ばいばい

彼らはこれから弾丸で大阪帰るらしい笑

なんか申し訳なかったけど、

「楽しい話聞けたから全然大丈夫」とのこと。


最後に4人で記念撮影

写真送ってくれるって言ってたのに、まだ送られてこないから写真アップできん笑


送ってくれたら編集して写真載せるからお願いしやーす



野宿敢行しようと思ったけどポツポツ雨が降りだしたのでインターネットカフェへ


そしてもう一気に東京まで帰ろうと思い、


朝早く起き、

長距離トラック狙いでヒッチハイク


と思いきや


乗用車が止まってくれる!!!!!!


しかも高速で東京まで行くよとのこと

途中、眠いとのことで、1時間くらい運転を交代し笑、


4時間くらいで到着


2人3脚で東京着きました笑


家まで送り届けたいけど、このまま会社へ行かなくちゃいけないとのこと


安藤さんありがとうございました!!!


写真は、会社にばれるとまずいからNG笑


皇居前あたりでおろしてもらい、


新宿まで歩き、


バイト先の後輩が新宿から実家まで届けてくれてゴールイン


夜は地元の友達が歓迎会してくれましたとさ。


enkai.png

おーしまい。


次に更新するブログが最後になります。

旅で感じたことを率直に書いてこのブログもおしまいにしたいと思います。


1週間以内に更新するんでぜひ見てください




那覇-福岡-長崎-大分-福岡

台風も近づいてるとのことで、
フェリー中止して飛行機で九州へ

那覇 - 鹿児島より、那覇 - 福岡の方が安かったので、

飛行機で福岡へ


3時に到着した。かれこれ一ヶ月半湯船に入っていないので、
銭湯をネットで検索

空港から永遠と歩き続けること2時間

ようやく目的の銭湯に着いたら


定休日


この時の絶望感はご想像にお任せします。

んでゲストハウス「界音」予約し、

歩き続けること1時間ちょい

到着し、近くの銭湯を教えてもらい、

れっつらごー

昔ながらの銭湯って感じ

入り口から男湯と女湯に別れていて、

番台から脱衣所も風呂場も丸見え

おそらく女湯も同じ


番台のおじちゃんの視線を感じながら入浴


久しぶりのお風呂は最高でした。

んで風呂の中でおじいちゃんと話した

「色んな人に言われてきたと思うけど、俺も若い時にやっとけばよかったなーと言われるでしょ?
そういうこと言われるのはすごい幸せなことだよ。
みんなが若い頃やれなかったことを君は実際にやってるんだから。」

その他人生の教訓を教えていただきました。

んで帰り際、番台のおじちゃんと話す機会があったので、なんで脱衣所も風呂場も丸見えなのか聞いてみた。

まあ、ようは見張り台だとのこと

一番の目的は防犯だったり、お爺ちゃんお婆ちゃんが転倒してないかとを見ることだとか
しかし最後に
「わしの一番の目的は若い女の子を見ることだがな。」
と自信満々に言ってた。

...

世間話をして吉野家で牛丼を食べ、
ゲストハウス界音へ

居間でゲストどうしが盛り上がってたので混ぜてもらいやしたー

ここで同い年の大学生黒田君と知り合う

彼はオーストラリアをヒッチハイクで少し旅行したことがあるんだとか
海外ヒッチハイク危ないんじゃないのと聞いたが余裕だったとのこと
オーストラリアからきてる外人さんがいたので、ヒッチハイク大丈夫なの?と聞いたら、

アブナイネー笑



次の日は、昼前にゲストハウスを後にし、向かうは長崎県

有名な佐世保バーガーを食べに


国道沿いでヒッチハイク、スタート

交差点でやったから、たくさんの人からご声援いただきました

その中で、沖永良部島から来てる女性の方と話をした

沖永良部島トークですごい盛り上がりました


同じ和泊町で、しかもマッキーさん知り合いなんだとか

すげー日本狭いなーと思いつつ、ヒッチハイク


通行人とのお話を中断し、ヒッチハイクすること10分

一台の車が止まってくれる

のがみさん!


久留米の方で花農家をやってる方でした

大宰府インターまで送ってもらう予定が、基山PAまで送ってもらいました
途中ラーメンと飲み物をご馳走してもらう


ご馳走様です!(>_<)

なんか本当に色んな方に当たり前のようにご飯だったり飲み物ご馳走になってるけど、
見ず知らずの人を車に乗せて、ご飯食べさせるって

どうなのよ

普通できないですよね、そんなこと。

ほんんとに乗せてくださる方はみんな優しすぎます

旅の話をしつつ、あっという間に基山PA

のがみさん、ありがとうございました!そしてブログ更新だいぶ遅れて申し訳ないです!!!

IMG_1888.jpg

んで、PA出口付近で長崎県佐世保方面に向かってヒッチハイク

10分くらいで女性三人組に拾っていただきやした!

若い女性に乗せてもらったのはこの旅初めて!
緊張したー笑
昨夜髭剃っておいてよかったなと。違うか。
彼女らも佐世保バーガー食べに行くんだとかで、サービスエリア寄ったら面白い人がいるってことで乗せてくれました。

ありがたいお話

クルマの中で旅の話したり、音楽の話したり、世間話してたらあっという間に佐世保

さすがに一緒に佐世保バーガー食うのは申し訳なかったので、先に市内観光してから佐世保バーガー食うことに


ありがとうございました!!

IMG_4676.jpg

んで海上自衛隊佐世保史料館というのがあったので入ってみることに

IMG_4100.jpg

なかなか面白かった
んで佐世保バーガー食べて、カプセルホテルへ

次の日、朝起きて、大分行こうと思って外でたら雨

でも今月中には東京へ帰りたかったので、小雨になるのを待ち、

タイミング見計らって、胡散臭いくらいの満面の笑みでヒッチハイクスタート!
五台目くらいかな?

大分の別府に一泊旅行に行くご夫婦に乗せてもらう

んで俺も一緒に別府へ

旅の話をしつつ、別府のオススメ情報を教えてもらう

下田夫婦の息子さんも今インドに旅に行ってるらしく、ちょっと重なるものを感じるとのこと

いいなー海外
日本制覇したら俺も海外行きたいなー

色んなバックパッカーに会ってきたけどやっぱインドは最高とのこと

なにが最高なのかは詳しく教えてくれないんだけど笑、
雰囲気がいいんだろーね、きっと

息子さんは全然連絡をしてこないらしく、もう心配で眠れないんだとか

やはり息子がバックパックしてるのを心配するのは、どの親子も一緒ですね

あっという間に別府へ到着....

ではありません

長い道のりでした

ノンストップで別府到着

長時間の運転ご苦労様でした!!

下田夫婦ありがとうございました!!

んで別府市内散策

あちこちに入浴料が100円の温泉が。。。

ここ大分はもう温泉天国みたいですね
多くの家庭の風呂も温泉なんだとか

贅沢すぎまっせ、大分県民さんよ


別府ゲストハウスへ

次の日は目指せ博多~

博多向かう前に朝一番に温泉へ

ここが百円でっせ...

IMG_5946.jpg

別府から博多はほとんどの人が高速で行くとのことで高速インターまで歩く



坂が多いですわ

上り坂を1時間半以上歩き、

インター到着

てか九州寒い

持ってる防寒具フルに駆使しても寒くて体が震える

んで自己最長記録の1時間10分待ちました

辛かったぜい...

池田さんという方に博多まで乗せてもらいました!
一回通りすぎて、なんとバックで逆走して拾いにきてくれました!笑
出張で別府まで来て、今から会社のある博多まで戻るとこだったんだとか


いっぱいためになる話聞いたなー

少しご紹介

まずヤクザのお話

北九州は暴力団事件で有名ですね

知ってる方も多いと思いますが、

第二次世界大戦後、戦争に負けた日本では外国人がやりたい放題

その外国人から日本を守るために発足したのが「自警団」、今でいうヤクザですね。

何か悪いイメージばかりのヤクザですが、

大阪のおばちゃんから聞いた話もここでご紹介

東日本大震災で被災した地域にも、多くのヤクザが炊き出しに向かったんだとか

いいお話ですね。

とまあ興味深いお話をたくさん聞きました


池田さんありがとうございました!!


インターネットカフェにて就寝

次回のブログは、チャリで日本回ってる高校時代の友人の加藤君との怒涛の二泊三日の弾丸旅行

乞うご期待!


10月11日 那覇

11日
那覇港に夜の8時過ぎに到着

何となく一人でいたかったのでインターネットカフェにチェックイン

めっちゃ久しぶりにパソコンいじりまくって気づいたら明け方。

少し寝て朝8時過ぎにインターネットカフェを後にしました。

んで

寝たりないので宿探し。

北海道の旭川のゲストハウスのオーナーである勲さんから、月光荘という宿がオススメとのことでさっさく予約してチェックイン

なんていうんだろ

今まで泊まったゲストハウスで1番「バックパッカー」の色が濃い人達がたくさんいた

何でも毎日すごい宴会になり、今日はBBQするとのことでそれまでベッドで体力温存

夕方になり、BBQスタートー

んで宴会宴会宴会

IMG_1149.jpg

月光荘の宴会

今更だけど楽器弾ける人になりたかった

帰ったら三線の猛特訓しよう

んで夜中まで宴会

いつのまにかこんな写真撮ってたみたい

IMG_2446.jpg

気づいたらリビングで寝てた

朝の5時

んでベッドに戻り昼過ぎまで寝る

猛烈な二日酔いと共に目覚め、

首里城観光

一眼レフの方で撮ったので写真無し

んで帰って再び月光荘で宴会


次の日昼前に月光荘出発

月光荘の感想

あまりにも個性が強い人達がたくさんいて、自分もまだまだだなって思いました

そして今九州に「逆ヒッチハイクの旅」をしてる人がいるとの情報をゲッツ

逆ヒッチハイクの旅って?

ヒッチハイクしてる人を乗せてあげるっちゅうことですね

世の中には面白い人がいるもんです

その人はむかしヒッチハイクで日本一周してたらしく、


その恩返しとして逆ヒッチハイクの旅を始めたんだとか

うん、すごいの一言。

俺も旅が終わったら何らかの形で恩返ししなくては、といつも心に刻んでます。

んで、沖縄北部いこーって思った


けど

今月中に帰らなくちゃならないのに、沖縄でこんなに時間使ってられん

ってことで次の日沖縄出発することにしました笑

沖縄、石垣、宮古その周辺の離島はなんべんも遊びにきてるからいっか!
って自分を納得させました笑

少し歩いて観光し、

沖縄「リトルアジア」に宿泊


屋上がバーになっていて、

まあおしゃれ

どんなかはリトルアジアのホームページいって見てください

んでそこで出会った人達とパーリナイ

一人一人の話を始めたらきりないので省略します

とにかく世の中にいろんな人がいるなーと
省略しすぎか笑

まあそういうことよ!

今九州にいるんだけどとりあえず沖縄編だけアップしまーす!!

プロフィール

horinz39

Author:horinz39
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
7月9日からのカウント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。